フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セブは都会です フィリピン留学

セブ島! リゾート! というイメージがありますよね。
セブ島ツアーのパンフレットも、英語学校の多くも、青い海、白い砂浜、ヤシの木……なんていう写真を使っているので、まずそういう風景が頭に浮かぶと思います。

たしかに、そういう場所はたくさんあります。
どこの学校からも、1時間ぐらいでそういう場所に行くことはできます。
でも、海に面している学校はほとんどありません。
多くの学校が、ビーチの脇にあるようなイメージを与えるような写真を使っていますが、そんなことはありません。

セブは都会なのです。
フィリピン第2の都市です。マニラのように、高層ビルなどはありませんが。

ひとくちにセブといっても、セブ島とマクタン島に分けられます。

この航空写真を見てください。

左側がセブ島で、南北に長い大きな島です。(ズームアウトしないと全景が見えないですが)

すぐ右に見える比較的小さな島が、マクタン島で、2本の橋(北側がニューブリッジ、南側がオールドブリッジと呼ばれています)でセブ島に繋がっています。

実は「セブ島のリゾート」といっても、ビーチやリゾートホテルはほぼ全てマクタン島にあります。

マクタン島の東側にはリゾートホテルが立ち並び、セブ島に近いマクタン島西側にはスーパーや庶民の市場があります。

マクタン島にある学校は多くはありません。
上にも書きましたが、ビーチの近くには学校はほとんどありません。

「なぜ? ビーチの近くの方がいいのに?」
と、思ったあなたは、まだセブ島をリゾート地というイメージでしか考えていないのです。

たしかに、3日や1週間滞在するだけなら、ビーチの近くがいいでしょう。
でも、1ヶ月やそれ以上滞在するなら?
ショッピングモールに買い物に行ったり、映画を見に行ったり(ちなみに200円ぐらいで映画が見られます)、日常生活が必要です。

ショッピングモールはセブ市にあり、リゾート地では買い物をする場所がありません。
いちいちセブ市まで行くのは面倒なのです。
そのためなのか、多くの学校はセブの都市部に存在します。

2本の橋の近くにある学校はともかく、それ以外のマクタン島の学校では、平日、授業の後にシティにショッピングに行く……のは不可能ではありませんが、ちょっと時間がないし面倒な気がします。
都会の学校に通えば、平日の放課後はショッピングや映画、土日はリゾートやダイビング……なんていうことも可能ですが、
むしろリゾートに近いマクタンの学校の方が、平日行けない分、土日はシティにショッピングで、リゾートやダイビングには行かない……なんて逆転現象も起こりうるわけです。


でも、郊外の学校の方が、空気がきれいですし、キャンパス内が緑にあふれていたり、いいプールがあったりとか、利点もあります。

リゾート・ダイビングは土日に行けばいいということで、平日の便利さを取って都市の学校にするか、
多少不便でも田舎でのんびりスローライフ気分にするか……。

セブでどういうライフスタイルで過ごしたいかというのが、学校を決める方法の一つだと思います。

スポンサーサイト

PageTop

はじめまして! フィリピン留学について

Nice to meet you! SHIGEといいます。
2005年に4ヶ月弱、フィリピンのセブ島の英語学校に語学留学して、すっかりセブが気に入ってしまいました。
そして2006年3月に初めて受けたTOIECテストで、いきなり900点をマーク!
英語がずっと苦手で、大学入試のときには、英語の偏差値が40台だった私がです。
(まあ、もちろんフィリピンの英語学校に行けばいきなりTOEIC900点取れるわけではないのですが……。勉強法については、またおいおいと)

その後、ミクシィなどでフィリピン留学の相談を受けることが増え、もっと情報をオープンにしていった方がいいなあと思うようになり、ブログで情報を公開することにしました。

セブには数十校の英語学校があって、その特徴はさまざまです。
多くは韓国資本の学校ですが、そうでないところもあります。
街中にある学校、田舎にある学校、大きな学校、小さな学校、厳しい学校、新しくてきれいな学校、古いけどそれを補って余りある魅力のある学校……。
選ぶのに、迷ってしまいますよね。

たいていの学校にはホームページがあります。
経営している韓国の会社が作ったページ、日本のエージェント(斡旋会社)が作ったページ、いろいろあります。

やっぱりどこも、自分のところをできるだけよく見せようとします。
いいことしか書いてありません。

まあ、当たり前ですよね。

実際は都会ののど真ん中(日本でいうと新宿みたいなところ)にある学校なのに、ヤシの木ときれいなビーチのイメージ写真を使ったり……。
実際の校舎はかなりボロいのに、きれいに見える写真だけを使ったり……。
ぜんぜん、学校の実際の雰囲気がわからなかったりします。

私も、自分の学校を選ぶときは、悩みました。
情報が少なかったので、割とフィーリングで選んでしまいました。
選んだ結果、うまくいった部分もあるし、うまくいかなかった部分もあります。

そういう体験談を、mixiなどに書いているうちに、だんだんとメールで相談してくる方が増えました。
しかし私は、ひとつの英語学校にしか通学していないので、他の学校のことは当時あまり知りませんでした。

そこで私は、2006年にまたセブ島を自費で訪れ、セブの英語学校の真実を紹介するため、最初の取材を試みました。
ほとんどの英語学校は、快く見学を許してくれました。


このブログでは、その取材した内容を紹介したり、私のセブでの体験談、勉強法などを紹介していこうと思っています。

ちなみに、現在の私は、翻訳の仕事もやるようになりました。
英語を克服したい! 英語力をもっと伸ばしたいという方のお役に立てればと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。