フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フィリピンで日本の電化製品を使うには変圧器が必要:電圧220V 60hz

今回は、よく質問がある変圧器について書きます。
海外旅行をしたことがある方はご存じかと思いますが、国によってコンセントの電圧が違います。

(ちなみに「コンセント」は和製英語なので、英語では通じません。
 差込口はSocketまたはOutletといいましょう。電源プラグはPlugです。)

フィリピンの場合、電圧220ボルト、周波数60ヘルツとなっています。
日本の場合、電圧は100ボルト、周波数は東日本50ヘルツ・西日本60ヘルツとなっています。

ですから、多くの機器では、変圧器(英語ではtransformerと言います)が必要です。

変圧器の電圧チェックをする店員

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。