フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Philinterのドリス先生

※この記事は、すでに古くなっており、現在の状況とは変わっています!!
最新情報に関しては、シゲまでメールでお問い合わせください。(左のプロフィール欄参照)


今回は、Philinterの人気の先生の一人、ドリス(DORIS)先生を紹介しましょう。
Philinterドリス先生


ドリス先生(21歳)はセブノーマル大学を卒業したばかりの、Philinterで一番若い先生(東洋系の顔立ちですが、フィリピン人です)。
Philinterの先生になったのは2007年7月から。
大学では看護を学び、看護師の資格も取ったそうです。

担当はライティングと文法。

Philinterドリス先生


元々、ノンフィクションなどの文章を書くのが好きなので、担当もライティングと文法になったそうです。
学生を教えるかたわら、事務室で文書作成も手伝っているところからも、その文章の上手さが伺えます。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

英語版・韓国版Windos XPで日本語入力をする方法

海外にあるパソコンを使うとき、日本語は読めても入力できない! ということがけっこうあります。
そんなときどうするか? というのが今回のお話。

まず、韓国語版に限らず、海外のパソコンで日本語入力をするとき、すごく便利なのがこれ。↓

http://ajaxime.chasen.org/

(URLを忘れたときは、「ajax japanese」で検索すると出てきます。)

「IME ON/OFF」を押して、日本語をローマ字入力するだけ。(少しタイムラグがあります)
あとはコピー&ペーストすればOK。
入力言語の変更ができないネットカフェなどでとても役立ちます。


上記のものだと面倒な場合、韓国語版Windows XPではこのように変更します。↓

つづきを表示

PageTop

シニアの滞在先としても人気のALTA

※この記事は、すでに古くなっており、現在の状況とは変わっています!!
最新情報に関しては、シゲまでメールでお問い合わせください。(左のプロフィール欄参照)


セブに10年ほど滞在している60代の男性のSさんから、「英語を勉強したいので、のんびりしながら勉強できる学校を紹介してほしい」と依頼がありました。

勉強だけでなく、リラックスもしたいというのであれば、(ビーチではありませんが)リゾートホテルにもなっている緑豊かなALTAという選択肢があります。
見学をご希望されたので、他にALTA見学を希望された30代の男性Yさんといっしょにご案内いたしました。
ALTA


つづきを表示

PageTop

CELIマクタンキャンパス(セリ、Cleverlearn、Big Foot)

※この記事は、すでに古くなっており、現在の状況とは変わっています!!
最新情報に関しては、シゲまでメールでお問い合わせください。(左のプロフィール欄参照)


マクタン島のリゾートエリア近くにキャンパスがある、CELI(セリ)マクタンキャンパス。
(別名Cleverlearn:クレバーラーン)
フィリピンの大企業「ビッグフット」の建物の中に入居していることもあり、校舎も新築で、設備はセブの英語学校の中でもっとも豪華といえるでしょう。


CELIマクタン


つづきを表示

PageTop

LIFE CEBUの英会話授業をMP3ファイルで疑似体験!

※この記事は、すでに古くなっており、現在の状況とは変わっています!!
最新情報に関しては、シゲまでメールでお問い合わせください。(左のプロフィール欄参照)


セブに滞在中の50代の日本人男性から、学校見学希望のお電話がありました。
この方は、セブでのロングステイを検討しており、すでにコンドミニアムもいくつか下見されたそうです。

「セブ・シティにある学校を見学したい」ということでしたので、「セブシティでコンドミニアムで英語学校といえば、LIFE!」ということで、LIFEにお連れしました。

LIFE CEBU

LIFE CEBU

↑LIFEの1:1教室の様子

たまたま、この日は私(SHIGE)が「LIFEの授業を体験してレポートする」という予定だったので、急遽この男性の体験授業に変えてもらいました。

体験授業担当はMae Charisse先生。授業内容はボキャブラリーです。

この体験授業の模様を、最初から最後まで録音してみました。
先生と体験した男性の許可は得てあるので、MP3ファイルにして公開します。

↓(右クリックで「保存」でダウンロード)
http://www.intara.net/r/life20071025a.mp3


授業の雰囲気を体験できますので、ぜひ聞いてみてください。
先生の「フィリピンなまり」が気になっている方が多いようですが、聞いてみれば問題にならないことがよくわかると思います。

LIFE CEBU

↑録音した体験授業の様子

つづきを表示

PageTop

フィリピン携帯電話の買い方

今回は、基本中の基本、携帯電話について書きましょう。

フィリピンでは、海外対応の日本の携帯電話が使えることもあります。
(※特殊な機種・特殊な契約が必要な場合があります)
ただ、その場合、
1.国際電話扱いなので、通話料が高い
2.テキストメッセージ(いわゆるメール)の送受信ができない
3.日本の携帯電話を、なくしたり盗まれたり壊れたりすると面倒
……などのデメリットがあります。

そんなわけで、フィリピン留学中に日本の携帯電話を持ち歩くことはあまりお勧めできません。

2~3週間の短期滞在はともかく、1ヶ月以上滞在するなら、現地の携帯電話を購入されることをお勧めします。

電話機は、およそ1,000ペソ(約2,600円)程度から買えます。
写真は、Philinterのあるマリナモールの携帯電話屋さん。

携帯電話


フィリピンで携帯電話を買うときの注意点がいくつかります。


つづきを表示

PageTop

Philinter見学

※この記事は、すでに古くなっており、現在の状況とは変わっています!!
最新情報に関しては、シゲまでメールでお問い合わせください。(左のプロフィール欄参照)



10月24日
日本からセブに観光に来られた方々が、Philinter(フィリンター)の見学を依頼してきました。
Philinter韓国人には見学を許していないそうなのですが、特別に受け入れてくださいました。
さすが、日本人学生に対するサービス精神が一番旺盛なPhilinterです。

Philinter見学

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。