フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

失敗するフィリピン留学、成功するフィリピン留学

今回は、「フィリピン留学中にこうすると失敗する」という、いわばお説教ネタです。
私が言うのはおこがましいのは承知の上です。
しかし、同じように失敗している方を何人も見ていますので、あえて書かせてください。

●前置き

英語圏の国への留学や、ワーキングホリデーの準備として、フィリピン留学を選択する方がいます。
つまり、フィリピンで英語を勉強→カナダへワーホリ といった順番ですね。これは納得できると思います。

でも逆に、英語圏の国への留学や、ワーキングホリデーの後に、フィリピン留学に来る方(日本人も韓国人も)もけっこう多いのです。
「なぜ?」と思いませんか。

すでにフィリピン留学という選択肢を検討していらっしゃる方には、すでに答えをご存じかもしれません。

英語は、ただ英語圏の国にいるだけでは伸びないのです。

もっとも典型的なパターンは、ワーホリではアルバイトに多くの時間を取られ、日本人の友人とばかり会って、英語力を磨くことをしなかったため、英語力がほとんど伸びなかった、というものです。
だから、その「ワーホリで伸びるはずだった英語力」の不足を補うために、フィリピン留学に来るのです。
(もちろん、ワーキングホリデーや留学で満足のいく結果を出し、それでもまだ英語力を伸ばしたいのでフィリピン留学に来る人もいます)

つまり、英語漬けの環境にいても、積極的に勉強しようとしなければ、英語力はあまり伸びません。

●英語力は勉強しなければ伸びない

フィリピン留学では、1:1授業がたくさんあったり、1日の授業時間が多いので、英語力を短期間に伸ばす(しかも低価格で)には抜群の効果があります。

しかし、それでもなお、やはり本気で勉強しないと英語力はさほど伸びません。

個人差もありますが、英語力はどれだけ本気で勉強したかで伸びますので、フィリピンに来て遊んでばかりの学生さんは、あまり英語が上達しません

1:1授業も、「英会話力を伸ばしたいので、フリートークで」という人がけっこういますが、これが一番いけません。
先生も、「フリートーク」つまり「雑談」の方がちゃんと教えるよりずっと楽なので、喜んで応じてくれますし、 学生も普通に勉強するより楽しいので、ついついそちらに流れてしまいがちですが。

なぜ講義というシステムがあるのかというと、学ぶべき知識(単語、英語表現など)を効率よく身につけるためなのだ、ということを思い出す必要があります。

もちろん、フリートークでも英語で話しているので多少は英語力は伸びます。
しかしなんとなくコミュニケーションはできるようになっても、テストなどをすると英語力があまり伸びていないことが客観的なデータとして出てしまいます。

ブロークンでもコミュニケーションは取れるようになるので、なんとなく英語力が上がったように錯覚してしまいますが、実は自分で思うほど英語力は上がっていません。

これはアメリカ帰りなどで一見英語がうまいように見える日本人などが典型ですが、発音だけネイティブっぽくても(LもRも全部巻き舌という日本のFMのDJみたいなインチキ発音とか)、 文法がめちゃくちゃだったり、語彙が少なかったり間違っていたりして、ネイティブや英語が少しできる人にはすぐにその英語力がうわべだけのものだと、バレてしまいます。

フィリピンに来る目的が、英語力を上げることというよりも、リゾートをエンジョイするのが元々の目的であれば、それでもいいでしょう。
でも、せっかくお金を貯めて、最初は「留学だ! 英語をマスターするぞ!」という意志で来た方が、だんだんと勉強しなくなって、結局遊びはエンジョイしたけれども、かけた時間とお金に対して英語力の伸びはたいしたことがなくて、「語学留学」としては失敗だった、というケースを私はよく見ます。
このブログをご覧になっているみなさんには、そうなってほしくないのです。

また、そのように自分が勉強しなかったためにあまり英語力が伸びなかったと思われる学生さんが、「半年もいたのに期待したほど英語力が伸びなかったので、この英語学校はいまいちだった」などと(他の学校と比べたわけではないのに)ネットなどで書いていたり、
遊び主体の留学スタイルが、フィリピン留学の当然の姿であるかのようにネットで書かれていたりするのを見ると、私は悲しいです。

私自身が4ヶ月英語学校の学生だった経験や、これまでいろいろな学生さんを見てきた経験から言うと、フィリピン留学の場合、3ヶ月を超える期間、ひとつの学校にいるのは、長すぎると思います。
(斡旋会社は商売なので、10ヶ月とか1年とかきてくれる学生さんはウェルカムですが、惑わされないようにしてください)

最初の1ヶ月は学校やフィリピンという国に慣れるのに費やされ、2ヶ月目や3ヶ月目で調子が出てきます。
でも、4ヶ月目ぐらいになると、だんだん飽きてきてしまうのです。
4ヶ月目からは、環境を変える必要があると思います。
(もちろん、時間としては個人差があるでしょうが)

3ヶ月以上時間がある方は、留学期間はとりあえず最初は3ヶ月とし、そしてそれから、他の学校に転校するとか、同じ学校を延長する(本当にその学校が気に入って、そのまま集中して勉強を続けられる自信があるなら)とか、思い切ってオーストラリアなど他の国に行ってしまうとか、決めた方がいいと思います。

せっかく「語学留学」という選択をするのですから、それに見合った成果を持って帰ってほしいのです。
くれぐれも、時間とお金の無駄をしないようにしてください!


●まとめ
・フィリピン留学の期間はとりあえず最長でも3ヶ月にしてみましょう。
 4ヶ月めから延長するかどうか決めましょう。環境を変えるために転校するのがお勧めです。
(1ヶ月めは学校に慣れることに費やされますので、時間があるなら短すぎるのもよくないと思います)

・1:1クラスの先生に「スピーキングを鍛えたいからフリートークで」とリクエストするのは絶対にやめましょう。
 「スピーキングを鍛えるために、自分の弱点を指摘して、教材や課題を用意して欲しい」などとリクエストしましょう。

・土日は十分にエンジョイし、平日は英語の勉強に力を入れましょう。せっかく手に入れた、英語の勉強だけをしていればいい時間と環境なのです。

・(補足)必要以上にフィリピンという国に深入りしないように(これは私自身を反面教師としてください)。
 フィリピンというのは魅力的な国ですが、ハマると日本や諸外国で通用しない人間になってしまう危険があります。
 英語力を磨いて日本やその他の国で活用したいなら、あまりフィリピンという国やセブという街などに深入りしすぎないこと。

(上記の内容は、mixiのコミュニティに書き込んだ内容を基にしています。
 一部の方から反感を買う内容であることは自覚しておりますが、最近何人かの方から「ブログでももっと本音を前面に出して書いてほしい」とのご意見をいただきましたので、今後は辛口のことも書いていこうと思います)

スポンサーサイト

PageTop

Philinter(フィリンター)新校舎の建設状況

※この記事は、すでに古くなっており、現在の状況とは変わっています!!
最新情報に関しては、シゲまでメールでお問い合わせください。(左のプロフィール欄参照)


ブログの更新が滞っていてすいませんでした。

Philinter(フィリンター)の建設中の新校舎を、校長先生のご案内でまた見学してきました。
(昨日3月16日は、校長先生が韓国出張に行かれる日だったのですが、お忙しい中をお時間を割いていただき、見せていただきました)

(以下、2008年3月16日に撮影した写真)
フィリンター新校舎


↑ドミトリーの壁も塗装が開始! 白亜の宿舎がその姿を現し始めています。

フィリンター新校舎


フィリンター新校舎


続きはこちら! ↓


つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。