フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Fully Bookedへ、無料アメコミサンプルをもらいに行きました

運悪くゴールデンウィーク中は曇り・雨だったセブにも、ようやく晴れの日が続くようになってきました。
晴れのセブ

セブのAYALAテラスに、Fully Bookedという本屋があります。
マニラとかにも何店舗もある書店チェーンで、セブ店でも、いろんな本が置いてあって、特にアメコミがけっこう充実しています。
(私の好きな「トランスフォーマー」は人気が高くてすぐに売り切れてしまい、あんまり置いてないんだけど)

5月23日は、「FREE COMIC BOOK DAY」で、来店者に無料でアメコミの無料サンプルをくれる日だったのです。

アメリカの書店でも5月のはじめに催されたようで、セブには20日ほど遅れなわけですね。

「トランスフォーマーアニメイテッド」のコミックがもらえるだろうというのは予想がついていたので、朝一で行ってもらってこうようと思っていたのですが、連日の忙しさですっかり忘れてしまい、同日昼に所用でAYALAを通りかかったときに突然思い出して、行ってみました。

まだ残っていて、無事「トランスフォーマー アニメイテッド」と「GI JOE」が合本になった無料サンプルをゲット!

他には、「ウルヴァリン」とか「マーベルヒーロー大集合」(本当のタイトルは「AVENGERS」だけど)「スターウォーズ」「シンプソンズ」(?)とかいろいろ。
少年ジャンプ系のやつも1冊あったな。

Fully Booked


で、いきなり、「せっかく無料なんだから、貧しくてコミックなんか絶対買えない子にあげたい!」と、思い立ったんですね。
でもひとり1冊しかもらえないから、店員さんに「子どもたち連れてきたら、ひとり一冊もらえる?」って聞いたら、「もちろんOK」ということでした。
さっそく、私が2005年のセブ留学の後、また2007年にセブに来たときに住んでた貧民街へ。
そこの知り合いの家へ直行。(電話がないので直接行くしかないのです)

その場にいた、その知り合いの子どもたち、親戚、友達の子たちに「いまAYALAの本屋に行くと、マンガがもらえるので行こうぜ!」と誘います。

でもまともに学校に行ってない子ども達は英語がほとんどわからないから、その知り合いや近くの英語がわかる大人に現地語であるビサヤ語に通訳してもらいます。

貧しい子ども達にとっては、富裕層・外国人向けのショッピングモールAYALAに行くなんていうのは一大事。
「一番いい服を着ていかなきゃ!」と、クローゼットをひっくりかえしての大騒ぎ。
(いや、実際はクローゼットすらなくて、部屋の隅に服が積んであるだけなんですけどね)

あわてて水浴び(シャワーはないので)する子もいます。

別にマンガもらいにいくだけだから、そこまでしなくてもいいんですけどねー。
(でも写真でわかるように、みんなきれいに洗濯された服着てるでしょ。
 会いに行ったときは、穴の開いた泥だらけの服着てましたからね)

貧民街の子ども達

で、ようやく6人集まって(他の子にも声をかけたけど恥ずかしがって来なかった)、いざAYALAへ。
道路を渡るときは車を止めたりして、遠足の先生気分です。

貧民街

AYALAに着きました。
やっぱり入ったことがない子もいたみたいで、興奮してます。
で、例の書店へ。

Fully Booked


みんなじっくり選びます。
「同じのじゃなくて、別々なの選んだ方が、あとで回し読みできていいよ」と英語で言うけど、やっぱり伝わらず、店員さんに通訳してもらいました。

Fully Booked


ようやく、ひとり1冊決まりました。
「店員さんに『ありがとう』って言おう!」と言ったら、それは子ども達に通じました。
みんなの合唱で「「ありがとう」」って店員さんに言って、店を後にします。

Fully Booked

本当は、子ども達にアイスか何かおごりたかったけど、残念ながら時間がなかったのでタクシーで家まで送り届けて、そのまま次に行かないといけないところに行きました。ごめん、みんな。

Fully Booked

貧しい子ども達は、ホンモノのアメコミに触れる機会はゼロなので、いい刺激になったらよかったのですが。

なお、このイベントは終了したので、いま行ってももうありませんが、
私がもらった「トランスフォーマー アニメイテッド」を含め、配ってたコミックの大半は、ネットで読めますよ。↓
http://www.freecomicbookday.com/comic.asp?ID=11
(Downloadsをクリックして作品を選びます)

セブには、この「Fully Booked」(AYALAテラス2F)の他にも、「National Book Store」(SM・AYALA・マンゴースクエア)、「Power Books」(SMノースウィング2F)などの書店があり、英米で出版された英語の本でいっぱいです。
ぜひ興味のある分野の英語の本を買ってみてくださいね。

スポンサーサイト

PageTop

セブ・マニラ・バギオの雨期と乾期について

今回は、よくある質問シリーズとして、「雨期と乾期の差」について書きましょう。

私はセブに住み始めて3年ぐらいですが、私の感覚だと、セブにはあまり雨期らしい雨期がありません。

ダイビング関係の方は、気候の変化にきわめて敏感なので、雨期と乾期の海の差がよくわかるようなのですが、セブシティに住んでいると、雨期と乾期の差はあまり感じません。

雨期でなくても、曇り空・たまに雨が2週間~ぐらい続く日もあります。
たしか今年の2月頃がそうでした。
また、今年のゴールデンウィークも、低気圧が居座った関係で、たまたま曇りの日が続き、晴天がほとんどありませんでした。

セブに4週間以上などの期間にわたって留学する方は、(1年のどの時期に来られても)晴れが続く日は必ず体験できるのですが、
2週間ぐらいの短期の方はタイミングによっては好天に恵まれない場合があります。
滞在期間が短く、運が悪いとせっかくのセブのビーチリゾート・マリンスポーツを満喫して行っていただけないことがあるのが残念です。
(それでも、ダイビングは海の中なので曇りでもできますし、ショッピングモール・マッサージ・レストラン・カジノなど、屋内のアクティビティもエンジョイできますが)

雨期が顕著になるのはマニラ・バギオなどのある北の方で、セブの場合は年間を通じて降水量はほとんど変わりません。

手元のガイドブックにある降水量グラフを貼ってみます。
マニラ・バギオ・セブの雨期
マニラ・バギオ・セブの雨期

青い棒グラフが降水量なのですが、5~10月のバギオ、6~9月のマニラの降水量がグッと上がっているのに対して、セブは年間を通じてほとんど変わっていないのがおわかりかと思います。

このガイドブックにも、「セブなどのビサヤ諸島は、ルソン島ほどはっきりと雨期と乾期がわかれていない」とありますね。

多くの方が来られる夏休みシーズンは、マニラやバギオでは雨期に当たります。
雨期がはっきりしている地域に留学した方の感想を聞くと、「たしかに雨は多かったが、それほど気にならなかった」という人もいれば、「毎日雨で、湿気と寒さに嫌気がさした」という人もいて、感じ方は個人差があるようです。

グラフの出典はガイドブック「フィリピン・セブ島 (るるぶワールドガイド―アジア)」(JTBパブリッシング)24~25ページです。
ちなみに私が持っている版は古いので、新しい版であるこちら↓を買って持ってくるといいです。
フィリピン・セブ島―マニラ・ボラカイ島・パラワン島・パマリカン島・ダバオ・エルニド (ワールドガイド―アジア)フィリピン・セブ島―マニラ・ボラカイ島・パラワン島・パマリカン島・ダバオ・エルニド (ワールドガイド―アジア)
(2007/05)
不明

商品詳細を見る


このガイドブックは、セブのことはもちろん詳しく載っているし、セブの学生は必ず旅行に行くボホール島や、マニラなどセブ以外のその他の地域もちゃんと載っているので、このガイドブックは滞在中はもちろん、後々までずっと役に立ちます。

一方、「316 地球の歩き方 リゾート セブ/ボラカイ (地球の歩き方リゾート)」というガイドブックもあるのですが、こちらは文字通りセブとボラカイしか載っておらず、高級リゾートホテルの紹介に多くのページが費やされています。
要するに、パッケージツアーなどで数日間だけセブまたはボラカイに滞在するだけの人のための構成となっています。
セブに比較的長期滞在する学生さんは、「ワールドガイド」の方を買いましょう。


(本記事は、mixiのフィリピン留学コミュニティに投稿したものに加筆しました)

PageTop

NHKラジオ講座「ラジオ英会話」「英語5分間トレーニング」「入門ビジネス英会話」「実践ビジネス英会話」

NHKのラジオ講座がインターネット↓
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/index.html
で聞けるようになったことは、先日書きました。

NHKのラジオ講座の4月のネット配信分が終わりました。

ネット配信するようになって、セブにいながらにしてラジオ講座を受けることができるようになったので、
私は、「ラジオ英会話」「英語5分間トレーニング」「入門ビジネス英会話」「実践ビジネス英会話」をやり、なんとかサボることなく、終えることができました。

NHKラジオ講座
(私の手元にあるテキストは、セブ留学にいらっしゃる学生さんにお願いして代理購入してきてもらいました。ありがたや)

やっぱり毎日勉強するのはいいですね!
ラジオ講座を再開したおかげで、「毎日やる」という意識が出てきて、
私はこれまで運動をサボりがちだったのですが、ほぼ毎日水泳をやるようになりました。

それはさておき、1ヶ月やったので、今年の講座の傾向がわかってきました。
「入門ビジネス」以外の講師は、元々以前日本にいたときにやっていたラジオ講座の先生達なので、だいたいわかってたんですけどね。

というわけで、今期のラジオ講座レビュー。

▼「ラジオ英会話」(遠山顕先生)
いろんな口語表現を学べます。
(といっても、スラングほどくだけていない、オーソドックスな口語表現)
ふだんはまあ、そんなに難しくないのですが、ときには

lose one's touch いつもの調子が出ない
believe you me ほんとうなんだよ
You almost had her! もうすこしで彼女に勝てた!
Competition is stiff. 接戦である
give her a run for her money 彼女を手こずらせる
(4月13日放送分 卓球の試合の回)



……なんて、知らないと意味がわからない表現が満載の回があったりして、侮れません。

毎回ある英語の架空ラジオCMのコーナーはリスニングの訓練にピッタリです。
私はTOEICでリスニングが満点だったのですが、当時からあったこのCMコーナーはかなり貢献していると思います。

遠山先生の講座はもりだくさんで一番楽しいので、レベルに関係なく続けたくなりますね。

(ちなみにラジオ講座の先生の中で、遠山先生にだけは、東京で実際にお目にかかったことがあります)


▼「英語5分間トレーニング」(岩村圭南先生)
公式には「中学3年~高校レベル」となっています。
岩村先生の講座は、これまで「レッツスピーク」→「徹底トレーニング英会話」ときて、今回の講座になりました。
これまでは20分や15分だったのですが、今期から5分だけに。
短くなったので、他の講座とあわせてやりやすくなりました。

コアになっているのは3行モノローグ。
放送時間が長かった頃はダイアローグが主役で、3行モノローグは途中の1コーナーで刺身のツマみたいな感じだったのですが、今回主役になりました。

個人的にはディクテーション(書き取り)をもっとやってほしいですね。
昔、毎日岩村先生の講座でディクテーションをやっていたのが、やっぱりTOEICリスニング満点に大いに貢献したので。
今回の講座はディクテーションがやけに簡単な気がしますが、これは4月号だからかな?
「レッツスピーク」の頃、ヒーヒー言いながら毎日長い文を書き取って、間違いを直しまくってたのが良かったんだけどなー。

ともあれ、その名の通り、5分間トレーニングなので、ネットでやる人は、他の講座をやる前のウォーミングアップにいいと思います。


▼「入門ビジネス英語」(エド・スミス先生)
これまた公式には「中3~高校レベル」となっています。
ひじょうにオーソドックスでいい内容。欠点は週2回しかないことです。
先生がネイティブということもあり、アシスタントの女性との英語でのやりとりが多いのが、
「NHKの講座は日本語でしゃべる分が多いのがいかん」という方も満足なのではないでしょうか。

NHKという手前、「TOEIC」という名前を使えないので使っていませんが、TOEIC模試風のリスニングテストが入っているのもいいですね。

週2回しかない分、テキストが凝っていて、Janglish(日本人英語、つまり日本人はつい言っちゃうけど意味を誤解される表現など)のコーナーがあったりして、勉強になります。
放送終了後に読むとこ満載のテキスト。


「入門ビジネス英語」は、週2回なので、「入門ビジネス」+「5分間」だけだと物足りないですね。やっぱり+「ラジオ英会話」のトライアングルかなあ。


▼「実践ビジネス英語」(杉田敏先生)
レベルは「総合的に高校卒業以上」となっています。

ブログにも書きましたが、ビジネス英語に関しては、杉田先生の講座の方は「知的な大人の雑談英会話」という感じで、職場の同僚の雑談の中から、凝った英語表現や新しい言い回しなどを学ぶという感じです。
取引先との英語での商談などに関しては、「入門ビジネス英語」の方がむしろ「実践」的な内容で、通常の英語学習者の方はこの「入門ビジネス」のレベルで十分かと思います。
「実践ビジネス」の方は、英語力にかなり自信がある方が、さらに磨きを掛けるための講座。

というわけで、「英語が他人より得意」という意識がある人以外は正直やらなくてよい講座です。
意図的に凝った表現・新しい言い回しがたくさんダイアログ(番組中は「ビニェット」と呼ばれていますが)に埋め込まれていて、ひじょうに勉強になります。
辞書に載っていない表現が多い講座はこれだけ。(新語をたくさん収録している「英辞郎」にだけ載っていることもしばしば)

だけど、この講座で習った、凝った表現をノンネイティブや、ネイティブでも教養のない層に使っても、通じないことも多いでしょうね。
教養あるネイティブに出会ったときに使ってみてもいいですけど、それ以外の部分がボロボロだと逆に恥ずかしいしなあ。(いや、英会話は恥ずかしがっていては上達しないんですけども)
個人的には、次に映画やテレビで聞いたときにわかると後々役に立つ、という感じで「聞けばわかる」という知識にするために吸収しています。
(もちろん、自分から使えるボキャブラリーもたくさん含まれていますけどね)

アシスタントの松下クリスさんによる英語解説トークが、短いながらも役立ちます。
私は放送を一時停止して、たくさんテキストにメモをとっています。(あと自分で辞書で調べてわかったこととかも)

この講座についていけるレベルの学習者は、映画やテレビドラマを見るとか、ペーパーバックを読むとか、「作られた英語教材」じゃなくて、もう英語ネイティブ向けのメディアそのままで学べばいい、という意見も多いでしょう。
もちろんそういうのも並行してやった方がいいに決まってますけど、やっぱり教材作成者によって意図的に選ばれた表現を学んだ方が効率がいいし、先生の解説トークを聞くことで、正しく理解することができるのです。
全部英語だけだと、わかったと思い込んで間違った理解をしてしまったり、見逃してしまうことも多いですからね。

というわけで、比較的上級の英語学習者には、この講座は代え難い存在なのです。


↓ネットで講座を学習した後には、こちらのブログを参照して復習すると定着しやすいです。ありがたや。
NHKラジオ/英語復習帳
http://nhkradio-everyday.seesaa.net/


ぜひ留学準備に、または留学後の英語力維持に、「5分間トレーニング」「ラジオ英会話」「入門ビジネス英会話」のテキストを買って、はじめて見てください。

あと、テキスト不要でネットだけで学習できる「ニュースで英会話」が素晴らしい、という話はまた今度。
http://cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi

単語帳機能とか便利なのでぜひアカウントを作ってやってみてください。

NHKのラジオ講座

PageTop

ゴールデンウィーク中のNHKテレビでセブ関係番組

日本ではゴールデンウィークですよね。
日本のみなさんは、いかがお過ごしでしょうか。
フィリピンでは、昨日ボクシング世界チャンピオンで、フィリピンの英雄のパッキャオ選手(セブでもよくトレーニングしている)がラスベガスで英国のハットン選手と戦って、またまた勝利して大盛り上がりでした。
私はゴールデンウィークを利用して留学しに来た学生さんが何人かいるので、学校を回ってその方のサポートをしたり、夏休みに留学予定の方々への相談メールの回答を書いたりしています。

さて、明日と明後日、NHKでフィリピン関係の番組があるようです。



「ABU未来への航海▽フィリピンのサンゴ礁で地球を考えたアジアの10代の環境日誌」

「探偵Xからの挑戦状!「セブ島の青い海」」



前者は、前回前々回と、カオハガンの崎山克彦さんが出演していらした番組ですね。
今回は、このサイトによると、カオハガン島(セブのすぐ近く)とアポ島などが出てくるようですね。
エコな感じの内容。

後者はミステリードラマらしいんですが。
「フィリピンのセブ島への旅行中、無差別爆弾テロ事件で死んだ重内の彼女・恵梨」って!

インドネシアのバリ島爆弾テロ事件からの発想なんでしょうけど、「セブ島=爆弾テロ起こりそう」とか、根拠のないイメージを視聴者にもたれそうで、こういうのはちょっとなー。
3年前にサミットがあったときも、結局まったくテロとかなかったし。

NHKは、去年の「びっくり法律旅行社」のフィリピンの回も、「フィリピンパブ」って芸人が言って笑いを取ってたり、微妙に間違った知識を放送してたり、あんまり感心しない内容でした。

ドラマですが、「本当に無差別テロ事件だったのか?」とあるので、真相は恵梨を狙った殺人事件とかなのかもしれないですけどね。

「重内」って、「しげうち」って読むんじゃないのかな?
もしそうだったら、「しげうち」という人がドラマに出てくるのを見るのは初めてなのですが。
よりによってセブ島ネタとはなんたる偶然。

2009/05/05 16:30~18:00 の放送内容 NHK総合
* ABU未来への航海▽フィリピンのサンゴ礁で地球を考えたアジアの10代の環境日誌
* 2009年3月、アジア各国から集まった十代がフィリピンの海の環境破壊と環境回復の試みを体験学習した。彼らが何を見、何を知り何を考えたのか、VTRを交えて考える。
* アジア太平洋放送連合が主催する「ABU未来への航海」は、アジア各国の10代が環境問題にゆれる地域を訪れ、さまざまな体験学習を通して地球環境の未来を考えるイベント。2009年3月、各国から集まった10代がフィリピンを旅し、海の環境破壊を目の当たりにするとともに、環境回復の試みなどを体験学習した。彼らは何を見て、何を知り、何を考えたのか?
参加した日本の10代がスタジオで自らの体験を振り返る。
* 出演 【出演】榊原郁恵,松本にいな,大川拓哉,家村美樹,金牧功大,【司会】城島茂,鎌倉千秋


2009/05/06 24:10~24:40 の放送内容 NHK総合
* 探偵Xからの挑戦状!「セブ島の青い海」
* ケータイ小説とテレビが連動した新感覚ミステリー。フィリピン・セブ島で起きた爆弾事件をめぐる謎に、あなたもぜひ推理を働かせてください!
* ツアーコンダクターを辞めた牧野奈緒子のもとに、重内という男からメールが届く。フィリピンのセブ島への旅行中、無差別爆弾テロ事件で死んだ重内の彼女・恵梨のことを教えてほしいという。実は恵梨は旅行中、菅原という怪しげな男につきまとわれていた。菅原とは何者なのか?
本当に無差別テロ事件だったのか? 重内と牧野のメールでのやりとりだけで事件の真相に迫る異色のミステリーが登場! 【出演】竹中直人、谷村美月
* 出演 【ナビゲーター】竹中直人,谷村美月
* スタッフ 【原作】井上夢人

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。