フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

英語留学の方にオススメの電子辞書2009~2010





★2011年版の新しい記事を書きましたので、ここをクリックして、新しい記事をご覧ください!


さて、前回、英語留学の方におすすめの電子辞書を紹介してから、月日が経ちました。

当然、店頭に並んでいる機種が変わり、入手困難なものも出てきました。
新機種の方が当然よいのかと思いきや、収録辞書が貧弱になっていたりします。(少なくとも英語留学者向けという意味では)
そこで、現在入手しやすい電子辞書の中から、おすすめのものを選び直しました。

なんと! たった1機種しかなかったんですけどね。詳しくは後述します。

英語の本や英字新聞を読んだり、自習をするときはもちろん、授業中にもよく使うのが辞書。
紙の辞書は紙の辞書で、「読む」のには役立ちますが、スピーディに引けるのが電子辞書の強み。

紙の辞書は重いですし、引くのに時間がかかると貴重な授業時間の無駄になります。
また、英和辞典だけでなく、和英辞典・英英辞典・英英類語辞典なども大いに役立ちます。
電子辞書を持たずに留学するのは自殺行為です。

では、どんな辞書を持っていったらよいのでしょうか。


一番のポイントは、英英辞典・英語類語辞典がちゃんと入っていること。
(なお、英英類語辞典も、オックスフォード・コウビルド・ロングマンなど、英米の辞書である必要があります。日本の出版社が作った日本人向けの英英類語辞典は、英語留学生にはそれほど役に立ちません)

なぜ、英英が重要か。
理由は簡単です。英語留学での英語の先生は、日本語がわからないからです。

授業中、先生が「○○さん、accuseの意味はわかりますか?」などと英語で聞いてきます。
英英辞典の説明のように、たとえば「charge someone with an offence or crime」と答えられれば完璧です。(ちなみにこれは「Oxford Dictionary of English」の説明)

さすがに、そんなにきれいには答えられないですけど、だいたいそういうことが言えればいいわけです。
昔NHKで放送していた「英語でしゃべらナイト」のパックン英検というコーナーの逆パターンですね。

また、別に文章で答えなくてもいいのです。同義語を言ってもいい。そんなとき、類語辞典も役立ちます。
indict for murderの意味はわかる?」と聞かれたら、「charge with murder」とか「accuse of murder」と答えればいいのです。
(ちなみにindictは、インディクトではなくてインダイトと発音します)

日頃から、英英辞典や英英類語辞典を読んでおくと、ひとつの言葉を違う英語で説明したり言い換えることが出来るようになって、教室でのコミュニケーション力が大幅にアップします。
「意味は、「殺人で訴える」です」と日本語で答えればいい日本の高校の教室と違って、留学の教室では英語で答えなければならないわけですから。

また、日本語の単語と英語の単語はイコールではなく、意味する範囲に違いがあったり、ニュアンスが違ったりします。
類語辞典を見ると、その単語のもつイメージがよくわかります。

ついでに、英和辞典も、英語中上級者なら、高校生が使っているような中型の辞書ではなく、英和大辞典系が入っているのが望ましいです。


具体的に、どんな機種がオススメかというと、メーカーでいうとSII(セイコー)ですね。なんといっても使いやすいですし、英語学習者のことを考えて辞書を選んでいました(最近のモデルは、重要な辞書が削られる傾向にあるので、なおさら型落ち品が重要になってくるのですが)。

電子辞書全体で、一番売れているのはカシオみたいですけど。
シャープやキヤノンなど、他のメーカーも電子辞書を出していますが、英英辞典があまり入っていなかったり、検索機能などがいまいちだったりするので、あまりオススメの機種はありません。

操作性は、カシオより断然SIIの方が上。正直カシオのはキーボードにクセがあり、使いづらいです。
検索性能もSIIの方が上です。

カシオは、「薬の辞典」がいっぱい入っているとか、総合コンテンツが魅力だったりするのが人気の秘密なのかな?


というわけで、「留学に行くならこれを買っておけ!」という、私のオススメの機種を紹介します。(2009年~2010年の情報に更新)

今回も調べ直して、機種ごとの比較をしました。

留学でお金がかかるということもあり、最新の高価な機種ではなく、2年前ぐらいに発売した型落ちの格安モデルでいいと思います。
ほとんどの辞書は改訂されていないので、辞書の中身が古くて使えないということはまったくありません。
ただ、液晶の性能がどんどん上がっているため、最新モデルの方が、画面はかなりクッキリします。新旧は、その程度の差です。

●総合オススメベスト1

SEIKO IC DICTIONARY 電子辞書 SR-E8600 (英語本格モデル 34コンテンツ収録 音声対応)SEIKO IC DICTIONARY 電子辞書 SR-E8600 (英語本格モデル 34コンテンツ収録 音声対応)
(2007/03/20)
セイコーインスツル

商品詳細を見る


↑本来は英語中級者向けのモデルなのですが、上達した後も使えるということもありますし、あえて初心者の方もこれでよいのではないかと思います。

とにかく英語重視で、操作性抜群というモデル。

価格はこの記事を書いている段階で、新品2万3,000円程度。
メーカーのカタログサイトはこちら。
収録辞書については、「すべての収録コンテンツ」をご参照ください。

この機種がオススメの理由を説明します。

▼英和はジーニアス英和大事典

目的は英語学習なので、学習英和辞典の最高峰「ジーニアス英和大辞典」のお世話になりましょう。

さらに、ほとんどの翻訳者が使っているというリーダーズ英和辞典+リーダーズプラスも入っています。こちらは、学習者向けの解説はないので、あまり使う必要はないのですが、ジーニアスに比べ、ややマイナーな単語も入っているので、英字新聞やCNNニュース、TOEFL・IELTS対策といったアカデミックな文章などを相手にするときはリーダーズにも出番が来ます。
(また、将来、仕事などで和訳を作る必要があるとき、しっくりくる訳語がリーダーズには多いのです)

▼英作文に「英活」
「英作文は英借文」とよく言います。英作文をするときは、自分で文章を作らないで、辞書の例文から文章の「型」をひろってきて、単語を入れ替えて作ります。そのとき、例文の宝庫となるのが「英和活用大辞典」(通称エイカツ)。
例文検索機能で他の辞書の例文もひろってきて、正しい表現を確認しましょう。

▼英英
もちろん英英辞典、英英類語辞典もあります。さらに、コロケーションと呼ばれる連語事典など、英英辞典が充実しているので、調べた単語を、フィリピン人やネイティブの先生に見せやすいです。

▼ここが惜しい
やや弱点は、和英辞典が大辞典でないことです。欲を言えば大辞典が欲しいところですが、それは高い機種ということになってしまいます。
そもそも和英辞典自体、単独では使えない辞書なのです。結局、英和辞典などで調べ直す必要があります。(ということを、知らない人が多いので、今度機会があれば詳しく説明したいですね)
和英辞典は大辞典であるにこしたことはないのですが、大辞典でなければどうしてもダメというものでもないので。

それと、さらに欲を言えば、カタカナ発音から正しいスペリングを探せる「スペリング事典」もあったらけっこう便利だったのですが、収録されていません。残念。
まあ、その代わりとして、「あいまいスペル検索」でなんとかなりますけどね。
(スペリング事典を収録している電子辞書もありますが、そのかわり英和辞典や英英辞典・英英類語辞典などが足りなかったりしますので、スペリング事典の有無だけで電子辞書を選ばないでください。ご注意を)

この機種、スピーカー内蔵なので、イヤホンがなくてもネイティブ発音が聞けます。

その他、ふつうに買うと何万円もする「180万語」「37万語」なども入っています。
これらの辞書は、一般の英語学習者の方は、あまり使う機会はないでしょう。研究者の方や、専門性の強いお仕事をしている場合は、後で役立つかもしれません。

それにしても、紙の辞書だと、リーダーズとリーダーズプラスだけ買っても2万円なので、いかに電子辞書が便利で安いかがわかります。なんていい時代なんだ。
高校生のときの辞書しか記憶にない方は書店で見てほしいのですが、リーダーズ、リーダーズプラス、大英和辞典はものすごくでかいんですよ。あんな大辞典を何冊も持ち歩けるなんていい時代ですね。


●ベスト2以降は?

これまで書いたように、学習英和大辞典(=ジーニアス英和大)、英英辞典、英英類語辞典(日本ではなく英米のもの)、英和活用大辞典、和英辞典が全部含まれている辞書は、セイコー最新機種ではなくなってきています。残念なことに。
カシオなど他社製品にはこれらを収録した機種がありますが、セイコーに比べ、操作性と検索機能に難があります。
電子辞書は「読むもの」である以前に、「引くもの」、つまり道具なので、使い勝手のいいものを選ぶ必要があるのです。

というわけで、現在入手しやすい機種でベスト2はありません。(前回のオススメはこちらなので、中古を買うという手もあるにはありますが・・・・・・)

とにかく電子辞書は、日本で留学準備の勉強をしているうちに使い方に慣れておくことが大切です。
なるべく早く買っておきましょう!

セイコーさん、英語留学者が必要とした辞書を全部搭載した新機種の発売、期待しております!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。