フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「旅サラダ」昨日の放送はボホール・ボラカイでした。

1月になってから、むっちゃ忙しいのですが、先週・今週と、ある事情でもっと仕事が増えてしまい、もう死にそうです。パタイ(現地語で死って意味)です。

実は、昨日からシンガポールに2泊3日で行って英語学校見学したり観光したりして、その後ついでにマニラの方へ飛んで、そっち方面の英語学校を3日ぐらい視察して帰ってくる予定だったのですが、忙しすぎて行くのムリ、ということで、断念。

前の日記を書いてからセブで何をやっていたのかとか、時間ができたら書きたいですが(忙しかったけど写真はいっぱい撮ったので、ネタはいっぱいあるのです)、
でも、このネタだけは後から書いてもなんなので、今書いておきましょう。

この前も話題にした、「旅サラダ」という番組で、昨日はボホールとボラカイが紹介されました。
http://www.asahi.co.jp/tsalad/monthly/20100130.html#74
(なんか、昨日ロケーションフリーで放送を見たはずなのに、1週間ぐらい前に見たような気がしちゃってますが。逆デジャブ?)

ボホール島は、セブ島のすぐ隣なので、セブに1週間以上滞在される方は、船で簡単に行けます。
セブの英語学校滞在中の学生さんは、たいてい1度は行きます。

ボホールへは、セブから日帰り観光旅行というのも一般的ですが、個人的には1日観光旅行で番組でも紹介されたチョコレートヒルやターシャ(小さいメガネザル)を見て、そのあとアロナビーチに宿泊して、ビーチを堪能、っていうのがいいんじゃないかな。
1日目の天気がよければ、順番は逆でもいいですね。

↓チョコレートヒル
セブ島の隣、ボホール島のチョコレートヒル

セブ島の隣、ボホール島のチョコレートヒルと私シゲ

↓アロナビーチ
セブ島の隣、ボホール島のアロナビーチ


ボラカイは、セブとはぜんぜん違う地域なのですが、セブから飛行機で簡単に行ける(セブパシフィックで安いときに買えば片道2,000円ぐらい)ので、前に行きました。

まあ、いまはボラカイのビーチに近いカティクラン空港便がなくて、ちょっと遠いカリボ空港を使わないといけないので、ちょっとめんどくさくなってますが。

一昨年私が行ったときはプロペラ機でカティクラン空港だったんですが、カティクラン空港の滑走路はめっちゃ短かったんですよ。
もう「空母着艦ですか!?」ってぐらい。
着陸してすぐにストップ、って感じ。「パイロット神業!?」って思いましたもん。

案の定、その後(2009年1月)にZESTエアーの飛行機が着陸時にオーバーランして、壁に激突、乗員乗客が負傷するという事故がありました。(死亡事故にならなくてよかった)

というわけなのか、いまはカティクラン空港は拡張工事をやっていて、もうすぐ再オープンするようです。


(ちなみにセブの空港は国際空港で、滑走路は十分な長さがあり、大型機も発着できるので、その辺は安心ですよ。)

ボラカイのビーチの長さはフィリピン随一ですね。
「ボラカイは観光地化されすぎているのが嫌」という人もいますが、一度は行ってみてほしいところです。

下の写真は、番組でエミリさんが砂のお城を作っていたところからボートでちょっと行った、静かなビーチです。

ボラカイのビーチ


(写真は全部私が撮影したものです。あんまりうまく撮れていませんが……)

スポンサーサイト

PageTop

新学生さん2人をAYALAご案内

シノログの翌日の月曜日、朝の飛行機で到着したまた別の日本人学生さん。
月曜はレベルテスト、オリエンテーションの後、スタッフがAYALAショッピングモールに両替に連れて行ってもらえます。
今回はそちらで合流することに。

この方も、メールで学校選びの相談に載っていた方です。
「しっかり勉強したいので、スパルタがいいです!」と言ってくれたがんばり屋さん。

この学生さんは、当日朝に到着したばかりなので、そうとう眠そうです。
おつかれさま!
セブの英語学校の新学生さん、AYALAショッピングモールへ

(顔出しOKの許可をもらった方は、そのまま載せています)


前日に到着したスパルタじゃない学校の日本人学生さんも合流して、AYALAご案内。
セブシティがすんごく近代的な都会なのでビックリしているご様子。

セブの英語学校の新学生さん、AYALAショッピングモールへ

その後、AYALAをご案内して、オススメショッピングスポット、レストランをご紹介しつつ、セブでの生活での注意点やアドバイスを話します。
やっぱり海外では日本の常識が通用しない部分があって、「ええっ、そうなんですか!?」と新鮮な驚きをもって聞いてくれます。

英語を勉強するということは、異なるカルチャーの人たちと交流する方法を学ぶということなのです。
日本の常識が海外では通用しないことを知るのも、大事なことなのですよ。



その後、AYALAのタイ・ベトナム料理レストラン「レモングラス」で夕食(やっぱり割り勘ですが)。
ここの生春巻きは絶品です。


スパルタの学生さんは夜9時までに学校へ戻らないといけないということだったので、タクシーで送ります。
やっぱり当日朝に到着したのでお疲れなのか、タクシーの中で爆睡。

セブの英語学校の新学生さんと、AYALAのレストランで食事


その後、もうひとりの学生さん(こちらは門限11時なので)を、学校近くの生演奏バー「ジャズンブルース」にお連れしました。

次回へ続く。

PageTop

テレビ「旅サラダ」で中山エミリさんも訪れたジャズンブルース(セブ)

(前回の続き)学生さんを、学校近くの生演奏バー「ジャズンブルーズ」にお連れしました。


ふだんは、私自身があまり学生さんをいろいろなところにお連れするということは少ないのですが、この方は1週間だけの滞在の方なので、なるべく短い間にセブを楽しんでいただこうという趣旨です。

セブのジャズバー「ジャズンブルース」


後日(2010年1月23日)に日本で放送された「旅サラダ」という番組の取材で、中山エミリさんが訪れた店です。

番組ホームページでも紹介されています。


テレビで紹介されたら、「ここ行ったよ~」ってご家族やお友達に言えたら楽しいのでは、という意図もあり。

セブのジャズバー「ジャズンブルース」


私は久しぶりに行ったジャズンブルーズですが、あいかわらずフィリピン人の歌と演奏は上手い!
一人でサックスやトランペットやフルート(?)などをかわるがわる演奏して、歌もシブいおじさんがよかったです。
セブのジャズバー「ジャズンブルース」

PageTop

シノログ祭の花火と、新学生さん

最近ぜんぜん日記書いてないので、ちょっと書きますよー。

1月17日は、セブ最大の祭「シノログ」(シヌログとも)でした。
私はもうセブに何年も住んでいるので、「またこの季節が来たか」っていう感じですし、仕事がたまっていたので、家でテレビ中継をチラ見しながら仕事。
セブ州知事のグウェン・ガルシアさん(女性)が今年も踊ります。
今年はとうもろこしの山車から出現しました。
紅白歌合戦での小林幸子ポジション?

シノログでのガルシア知事

ちなみに私が前に知事にお目にかかったときの写真はコレ↓。
セブ州知事のグウェン・ガルシアさん


シノログの夜に、到着した日本人学生さんを学校で出迎え。
メールで学校選びの相談に載っていた方です。

学生さんの都合で、残念ながら、シノログには間に合いませんでしたが、シノログ夜の花火には間に合います。
セブのオリエンテーションをかねて、花火を見せるために、AYALAへお連れしました。

セブの英語学校に1週間留学の学生さん


「何時に花火が始まるのかはっきりわからない」というフィリピンスタイルのため、少々お待たせする結果になってしまいましたが、大迫力の花火に満足していただけました。


この方はお仕事の都合で1週間だけの滞在なので、短期間でなるべく勉強もしっかりやり、セブを楽しんでいっていただけたらと思っています。
今回、一週間だけということで、なるべくたくさん授業をとれるように学校に特別にお願いして、特別カリキュラムをアレンジしていただけました。
こういうとき、日頃から学校に顔を出して、校長と仲よくなった甲斐があったかな? と思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。