フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

某斡旋会社さんの現地スタッフになることになりました

※この記事は、すでに古くなっており、現在の状況とは変わっています!!
最新情報に関しては、シゲまでメールでお問い合わせください。(左のプロフィール欄参照)


実は、親しくさせていただいている某斡旋会社から、「セブの現地スタッフになってほしい」という要請を受けていたのですが、このたび正式決定しました。

オーナーさんは韓国人なので、セブの韓国系英語学校との連絡がひじょうに密で、日本人エージェントより良いだろうとは以前から思っていたのですが、その反面、日本人スタッフがいないので、日本人学生の気持ちがよくわからない部分もあるかもしれない、と正直ちょっとだけ心配だったのです。
日本人の現地スタッフが情報発信と現地での学生のケアをすれば、完璧になるとは思っていました。

それで以前は、メールで質問を送っていただいた方に「夏から現地スタッフを置くらしいですよ~」とか、完全な他人事として返事を書いていたのですが、自分がなることになるとは。自分でもびっくりです。


7月上旬から勤務開始の予定です。
急に決まったので、引越しやら何やらで準備が大変です。
韓国語の勉強もした方がいいんだろうなあ。まだハングル読めません。


営業モードだけじゃなくて、学生寄りの立場でセブの英語学校の真の姿をリアルタイムでレポートしていければと思っているのですが、さて、どうなるかな?
とにかく、世界一フィリピンの英語学校に詳しい人間になろうと思います。

そして、生徒さんにアドバイスするのはもちろん、自分がセブに留学中に感じていた不便さや不満を、なるべく他の生徒さんには感じないように学校側に働きかけていきます。


win-winという英単語(俗語)があります。
ODE(オックスフォード英英辞典)の定義は「of or denoting a situation in which each party benefits in some way.」
どちらかが勝ってどちらかが負けるのではなくて、双方勝つこと。
取引で、双方に利益があるという意味です。
私は、この考え方が好きです。

生徒さんには、満足のいく留学体験と英語力のアップを。
フィリピン人・ネイティブの先生たちや、学校のスタッフには、日本人学生とのよりよい関係作りを。
斡旋会社や現地学校には利益を。
私自身は、英語力・韓国語力・セブアノ語力増強と、仕事の満足感と、それなりの収入(こっちは、ライターや翻訳仕事でもがんばらないと)を。

……という、win-win-win-win状態を作り出すのが私の目標です。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。