フィリピン留学・セブ留学 TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報

格安の費用でマンツーマンレッスン! 授業料・食事代・宿代全て込みで、1ヶ月10万円前後で通えるフィリピンの英会話スクールや英語学習法などについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セブの英語学校は、他の都市の英語学校と比べてどうか?

フィリピンには、セブの他に、マニラ、バギオ、イロイロ、スービック、タグビラランなど、あらゆる都市に外国人(主に韓国人)向けの英語学校はたくさんあります。

しかし、このブログでは、いまのところセブ島の英語学校を扱っています。
フィリピンで英語を学ぶなら、セブ(マクタン含む)の英語学校が一番いいのではないかと思われるからです。

なぜセブの方がいいと思うのか?


……とはいっても、私はセブの英語学校しか取材したことがなく、他の都市の英語学校の事情はよくは知りません。
その辺をふまえて、以下を読んでください。


フィリピンの第一の都市はマニラ、第二の都市はセブです。

まず、セブよりも田舎の場所はどうか?

セブより田舎の街のデメリットとしては、

・先生は大学卒を雇うので、大学がたくさんある都市でないと、学校に優秀な先生がたくさん集まらない

・マニラやセブの空港からさらに飛行機、長距離バス、船に乗らないといけないので不便・お金がかかる

・いい病院がないので万一重い病気やケガをしたときに不安

・日本食レストランや日本食スーパーが少ない、またはないので、日本の味が恋しくなったときに困る(体調を崩したときの日本食は思いのほかありがたいものです)

・映画鑑賞(200円ぐらいで日本より先に最新のハリウッド映画が見れます)やショッピングモールに行って、英語の勉強ができない


……などがあります。

このあたりは、マニラならあまり問題はないですね。

次に、マニラのデメリット。

マニラには一度観光で行きましたが、想像以上に都会です。
しかも、先進国の都会じゃなくて、貧富の差の激しい都会。
ジプニーの他に、ドアも窓ガラスもないボロボロの日本の中古バスがいっぱい走っています。

首都で一山あてようとフィリピン中から流入してきた貧しい人がいます。
彼らにとって、外国人は恰好のカモです。
犯罪が多く、地元のフィリピン人も「マニラは危ないから気をつけたほうがいいよ」と言ってきます。

ほとんどフィリピン人男性と一緒に行動していたため、私自身は観光用馬車でぼったくりにあったぐらいで、犯罪に巻き込まれたりはしませんでしたが、セブで4ヶ月弱過ごした私でも、気の休まるところがない街でした。

(マニラの馬車、ぼったくりならまだマシみたいですね。命の危険に遭った人もいるようです。ご注意を。→http://naoki.kagura-cebu.com/?eid=641464

まあ、英語学校に腰をすえればそんなにせわしなくないかもしれませんが、マニラは、都会すぎると思います。

私はフィリピンが好きですが、私にとってマニラはフィリピンではなくて、「マニラという別の国」というぐらい、印象が違います。

クアラルンプールもそうでしたが、東南アジアの首都というのは、ちょっと怖いなーという気がします。

せっかく南国に行くのだから、授業の外はバカンス気分を味わえるセブの方がいいと思います。

セブは休日にダイビングもできるし、片道3時間ぐらいでボホール(ダイビングや観光に最適!)にも行けます。

セブはリゾート地なので、外国人が利用したい施設がちゃんとあるんですね。
日本人もたくさん住んでいるので、日本食なども比較的安く食べられます。
日本の本や雑誌が手に入らないぐらいしか不便は感じませんでした。

都会のいいところと、リゾート地のいいところのおいしいとこどりができるのがセブということです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。